3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

アダルトチルドレンとは、医学的な病名ではありません。

機能不全家族のなかで育ったために子ども時代を子どもらしく生きることができず、

傷ついたインナーチャイルドを持ったまま大人になった人、ということができます。

 

機能不全家族とは、一言でいうとお父さんとお母さんが親としての機能を

充分に果たせない家族です。

 

アルコール・ギャンブル依存など、何かに病的に依存していたり、

暴力や性的・身体的虐待、ネグレストなどのほかにも

 

精神的に弱くて子どもに愚痴や泣き言を言う。

夫婦仲が悪くてケンカが絶えず、家の雰囲気がぴりぴりしていた。

暴言を吐く、存在を否定するようなことを言う。

過保護・過干渉でコントロールする。

怒りっぽかったりヒステリーで、子どもが親の機嫌をとっていた。

他の子供とよく比較する。

両親が仕事などで忙しく家にいないことが多かったり、

一緒にいても子どもに無関心だった。

・・なども機能不全家族ということができます。

 

このようなことは程度の差こそあれ、一般の家庭でも

珍しいことではありませんよね。

 

明確な基準はありませんが、現代の日本のような競争社会では、

大半の大人がアダルトチルドレン的な側面をもっているのではないでしょうか。

 

こういう親のもとでは、子どもが「無条件受け入れられ愛されている」

という安心感を持てないので、本来ののびのびした子どもの個性は

抑えつけられてしまいます。

 

幼い子どもは親の庇護がなければ生きていけないので、

どんな親のもとにあっても、そこから抜け出すことはできません。

苦しくて窮屈な環境であったとしても、

そこに順応して生きていくしかないのです。

 

それで、大変な親のもとにいる子供たちは、生き延びるために

自分の心を封印してしまい、何らかの役割を演じるようになります。

 

以前に書いたように、子どもの生まれつきの性格によって

「反応の鎧」が異なります。

その反応の仕方によって、各自が家庭での役割を身につけて

生き延びていくのです。

 

役割としては

ヒーロー(Hero)

スケープ・ゴート(Scapegoat)

リトル・ナース(Little Nurse)

イネイブラー(Enabler)

プラケーター(Placater)

ピエロ(Clown)

ロスト・ワン(Lost One)

ロンリー(Lonely)

プリンス・プリンセス(Prince・Princess)

があります。

 

機能不全家族のなかで生き延びるために身につけたこれらの役割が、

大人になって社会にでても抜け切れず、生きづらさを抱えてしまいます。

 

これらは本来持って生まれた個性ではなく、大変な環境の中で生き延びる

ために身につけた個性なので、一見幸せそうに見える人でも、内面には

自分の感情を抑えつけているため、どこかでひずみが生じます。

 

そして、アダルトチルドレンの子どもがアダルトチルドレンになってしまう・・

というように、世代間で連鎖してしまいます。

 

どこかで気づいて、自分のアダルトチルドレン的な内面と向き合い、

変わっていこうとすることで、世代間連鎖を断ち切ることが重要です。

 

次回は、この役割を詳しく説明していきますね。

 

 

●初回セッションのお申し込みはこちら●

●無料メール講座のご登録はこちら●

 

応援クリック、ありがとうございます。

夫婦恋愛 ブログランキングへ