DSC_2020

出会った頃はとても優しくて何でも聞いてくれ、

ケンカになっても彼の方から折れてくれていた。

愛されて、大事にされていると感じられた。

この人となら幸せになれる・・と思って結婚したのに、

今は、彼がすぐに怒り出したり、無視したりする。

どうしてなのか分からない。

もう私のことを嫌いになったのかな?

 

結婚前は、恋の感情が燃え上がっているときなので、少々のことは目に入りません。彼女が少しぐらいわがままを言っても聞いてあげるし、彼女が怒ったら先に謝って仲直りしようとします。

 

ですが、恋の感情はもってもせいぜい2、3年です。

結婚する前は、ある意味無理をしていたのです。

結婚後はいつまでもドキドキしたり刺激的で駆け引きなどのわくわくする関係よりも、ラクで気持ちのよい関係でいたいと思うのです。

夫婦がその後の長い結婚生活で、よい関係を維持していくためには、「一緒にいて居心地がいいか?」ということがポイントになります。

居心地のいい関係のために、必要なこと。

それは、「人は自分の思い通りにならない」ことを知ること。

 

論理療法の国分康孝教授によると、誰でも、

人や物事は自分の思うとおりに動いていくべきである

というイラショナル・ビリーフ(非合理的な思い込み)を持っているそうです。

 

このビリーフが強いと、相手が自分の期待した通りの行動をしてくれないと、

「なんで~なんだろう」

「もっと~したらいいのに」という思いがでてきます。

そして、イライラし、批判や要求などをして、何とか相手を変えようとしてしまいます。

 

そうすると男性は自由を侵された、自分が受け入れられていないと感じ、防衛反応を起こします。

攻撃的になったり、

威嚇したり、

あるいは心にシャッターをおろして閉じこもってしまったり・・

 

人は自分の思い通りにならないことを、本当の意味で理解していると、相手のありのままを受け入れようとします。

 

自分もOK。相手もOK

この態度が、長い人生を居心地のいい関係でいられる秘けつです。

 

 

●初回セッションのお申し込みはこちら●

●無料メール講座のご登録はこちら●

 

応援クリック、ありがとうございます。

夫婦恋愛 ブログランキングへ